Google
個人的読書記録 忍者ブログ
今まで読んできた本の紹介
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


icon
icon

フロリーのことは、嫌いでないし、むしろ『可愛いな』なんて思ってたんですが、この巻読んでる間はイライラしっぱなしでしたw

てかここで話膨らませる必要ないだろ~

PR

icon


タイトルの意味はなんとなくわかってましたね。
最後に登場する人物についてはかいもく見当がつかなかった。
あとがきを先に読んでたんだけど、どうもあの言葉が期待させすぎというか、もっと過去の人物かと思ってただけにちょっと拍子抜けというか。

icon
icon

『密室殺人ゲーム』読了から読み始めている『天帝の』がまったく進まなくて困っていたところ、グインの新作が出ていたのを発見したのでこちらを先に。
こちらは早く読み終えることができていいのですが、物語のスピード自体は相変わらずもっさり。
早く先に進んでくれ~
そしてグイン最大の魅力はやはりキャラ個人個人の活躍もそうだが、多数の登場人物が織り成す群像劇だと思うので、そろそろ『一方他の国では…』なんて展開もほしい。
やはりグインがパロにたどり着くまでは無理かな??

しかし今回のグインの自らを『おじちゃん』と言うのには笑いました。

icon
icon

いまいち魅力の感じられない話だったからか、他に色々やることがあったからなのか、思いのほか読むのに時間がかかってしまいました。
今日書店に行ったら、面白そうな新作がたくさん出てたので、がんばって読書時間を増やさないとなあと思った。

icon
icon

ずっと名前だけは出ていた『快楽の都』が今回の舞台。
思っていたより恐ろしげな場所ですね。

本作は京都市内の書店で購入。

icon
icon

表紙のイラストと帯の文句を見た時は、「おいおいこれでついてく人いるのかよ」と、ちょっとうんざりしたものの、内容は面白くてここ最近の巻では一番早く読めた。
グインが結構乗り乗りで豹頭王を演じているところなどかなり笑えました。
う~ん、やはりグインの世界は大好きなんだけど、いくつも新たなエピソードを追加していくよりは、一刻も早く物語りに一応の決着をつけてほしいというのが正直な気持ち。
あと、スイランの図々しさにはちょっとイライラしました。

icon
icon

読み始めた瞬間「こんなの外伝でやれよ」と思いました。
とりあえず『道中の単なる怪異』だけではなく、グインの元いた世界のことなどをうかがわせる話が出てきて多少ほっとはしましたが。
でも今さら単なる一個人としてのグインの英雄譚などはあまり読みたくはないので、早く世界全体を動かしてほしいところ。
なんだか100巻超えてからのグインは、本編のパロディみたいな感覚で読んでます。

icon
icon

ええ~「峠の茶屋」みたいな巻ということですが、自分はわりとこういう巻は好きですね。
活劇また活劇もいいけど、本筋とは別のそれぞれの登場人物たちの動向みたいなのを読むのって。
でもねえ、感慨深いのはわかるし俺もその気持ちはありもするけど、各登場人物みんながみんな過去のこと回想して考え込みすぎですよ。
80巻だか90巻辺りからそれがもうひんぱんにある気がするんだけど、その長々とした記述がなければ、もっと展開早くなる気がします。
そして、なんだか今までのまとめ兼新たな物語の序章みたいな内容でしたが、ほんと作者はいったいこの世界をどうしたいのでしょうか(^^;
グイン自体が流れ続ける雲みたくなってほしくないなあ。
ほんといいかげんなとこで完結させて(><)

icon
icon

105巻を読んで以降、ちょっと「もうこれ以上続くのは否定派」だったわけですが、この巻を読んでいるうちに考えが変わった。
やはりこれだけの世界を創りあげるのはすごいことだよなあと。
僕は15歳の時――今からおよそ20年前(^_^;から読んでいるんですが、多くの人がそうであるように、グインの世界ってのは、自分にとって、もうひとつの現実なんですよね。
ここの世界、ここで暮らす人たちと、お別れしてしまうのはやはり寂しいなと。
もう、どこまでもついていく覚悟を決めましたよ(笑
でも、後伝や、登場人物の第二世代の話なんかはいくらやってもいいけど、本伝は、きりのいいところで早めに決着つけてほしいという気持ちに変わりはありません。
話を広げるだけ広げて、あれもありこれもありではさすがに辛すぎます。
グイン以外では、本格ミステリを好むだけあって、気持ちよく収束していく話が好きなんですな。
あと、スーティーのことは作者ほどではないにしても、好きなことは好きなんですが、あのしゃべりかたはなんとかしてほしいと思った。
子供の描写としては正しいのかもしれないけど、『すーたん』ってのはなんかグインの世界観にはあわないような気が…
まああくまで個人的意見ですが。
アストリアスの話でしばらく引っ張られるかと思ったけど、案外すんなり終わってくれたのも良し。

icon
icon

風の騎士も謎の騎士も、わりと早めに正体に気づいてしまいました。
というか、これはずっと読んでいれば誰でもわかることかな。
なかなか予想外の展開というよりは、なんで都合よくこの人が現れるんだよ…的な展開が多いような気がします(^_^;)
高校生の時から読んでいるこの話。いつまでも読み続けていたいと思う反面、早く決着をつけてほしい、そうでなくとも終わりがだいたい何巻になるかということを教えてほしいという気持ちも強いです。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
広告
プロの技術で8mmフィルムをビデオに残します おしゃれママに人気のかわいい子供服ブランド・キッズインテリア雑貨・おもちゃのセレクトショップlacunadelaflor 北海道 仙鳳趾の絶品殻付カキ
広告
LinkShare アフィリエイト 有名ブログランキング
最新CM
(11/18)
(11/12)
(11/15)
(11/14)
(11/13)
プロフィール
HN:
旅の詩人(ただし無口)
性別:
男性
趣味:
読書、旅、温泉など
QRコード
ブログ内検索
忍者アド
あし@
忍者アド
カウンター