Google
個人的読書記録 忍者ブログ
今まで読んできた本の紹介
[243] [242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【内容情報】(「BOOK」データベースより)

ふと目覚めると、私は記憶を失っていた。同じベッドには、ゴムの仮面を破った全裸の男が眠っている…。ここはどこ?この男は誰?扉を開けると、意外にも外は雪。そして初老のサンタクロースが、私に手招きをしている!記憶喪失の女と謎の男の奇妙な同居生活、その果ての衝撃!傑作ミステリー長篇。

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

愛川晶(アイカワアキラ)
1957年、福島県生まれ。筑波大学卒業。94年『化身』で第5回鮎川哲也賞を受賞し、作家としてデビューする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)





いわゆる叙述トリックものです。

叙述トリックは大好物の俺ですが、好みなのはとうていそんなものが仕掛けられてるとは思わないところに結末近くでその仕掛けについての言及がなされ、今まで見ていた世界がひっくり返されるというものなので、できるだけ結末付近までは、シンプルに…というか複雑でもいいんだけど、そんな仕掛けがあることを匂わすことなく進んでほしいんだけど、この作品は冒頭から主人公が記憶喪失になるとかあからさまに何かありそすぎ。
しかもその記憶喪失がその直前に突然なったとかいって無理やりすぎ。
ちょっと複雑すぎるのかなんなのか、作者が見せたかった世界と実際の世界がどう違うのかとかいまいち正しい楽しみ方ができなかった気がする。
記憶に関わる話とかは好きなんですけどねえ。
遥か昔に体験したこうだと思ってた事が実はこうだったとか。

ヤクザの抗争とか正直興味ないんで、いまいちのめりこめなかったのかも。
あと無駄にセックス描写多すぎw
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:
六月六日生まれの天使 #tarot #book #fortune 世界のカード!
六月六日生まれの天使 (文春文庫)/愛川 晶 ¥740 Amazon.co.jp 映像化が不可能!しかも、必ず2回は読みたくなるらしい! どれどれと読んでみれば映像化は不可能だね! タロットカードで「不可能」を示すカードは「世界」のカード! 世界のカードには「完璧」と
WEBLINK[URL] 【2010/06/05 13:29】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
03 2019/04 05
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
広告
プロの技術で8mmフィルムをビデオに残します おしゃれママに人気のかわいい子供服ブランド・キッズインテリア雑貨・おもちゃのセレクトショップlacunadelaflor 北海道 仙鳳趾の絶品殻付カキ
広告
LinkShare アフィリエイト 有名ブログランキング
最新CM
(11/18)
(11/12)
(11/15)
(11/14)
(11/13)
プロフィール
HN:
旅の詩人(ただし無口)
性別:
男性
趣味:
読書、旅、温泉など
QRコード
ブログ内検索
忍者アド
あし@
忍者アド
カウンター