Google
個人的読書記録 忍者ブログ
今まで読んできた本の紹介
[242] [241] [240] [239] [238] [237] [236] [235] [234] [233] [232]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





【内容情報】(「BOOK」データベースより)

舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。仕事帰りに兄・理一の家によって、小学五年生になる姪のひとみの相手をし、ビールを飲むのを楽しみにしている。難事件の捜査の合間を縫ってひとみをかわいがる歳三だが、彼女のふとした言動が事件解決のヒントになったりもして…。多彩な作風で知られる歌野晶午が、ちょっと生意気でかわいらしい少女と、本格ミステリらしい難事件を巧みに描く。刑事×難事件×おしゃまな11歳=歌野晶午流「ゆるミス」。軽やかに登場。

【目次】(「BOOK」データベースより)

黒こげおばあさん、殺したのはだあれ?/金、銀、ダイヤモンド、ザックザク/いいおじさん、わるいおじさん/いいおじさん?わるいおじさん?/トカゲは見ていた知っていた/そのひとみに映るもの

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

歌野晶午(ウタノショウゴ)
1961年生まれ。’88年『長い家の殺人』でデビュー。2004年『葉桜の季節に君を想うということ』で第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



大好きな歌野さんの本だけど、タイトルがあんまりアレだと思ったので、今まで読まずにいた。

で、特に読みたい本がなくなってしまったので、今回手を出したわけですが、表紙折り返しの著者の言葉を読んでも、まだ「これは読むべきではないかなと思ってましたよ。

タイトルから想像するにこの作品は、『舞田ひとみという少女が語り手、もしくは中心人物で、彼女の日常をメインに描く本格要素の低い』という印象だったのですが、読んでみたら全然違いました。
作者の言う『ゆるミス』では全然ないよなあ。

これはぜひ続編を読みたいかも。

しかしこれ、自分とは逆にタイトルに騙されて読んだ方なんかはビックリするんじゃないかな。
ほんわか少女探偵ものかと思ったら、けっこう起こる事件たちがえげつないものばかりで。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:
『舞田ひとみ11歳、ダンスときどき探偵』 歌野晶午
地方警察の刑事・舞田歳三を語り部にした連作短編ミステリーです。タイトルから少女探偵モノなのかと思いましたが、実はひとみちゃんは主人公じゃありません。ダンスをするシーンもなく、探偵ごっこをする訳でもないのです。 ではどういうことかと言うと、歳三は仕事帰りに兄である理一の家に寄り、夕飯を食べながらビールを飲むのを楽しみにしています。その理一が男手一つで育てているのが、小学5年生になる一人娘のひとみ。つまり歳三にとっては姪っ子です。その姪っ子相手の何気ないやりとりや、ふと口にした言葉がヒントになって、歳三が難...
WEBLINK[URL] 【2009/01/11 21:14】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2018/08 09
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
広告
プロの技術で8mmフィルムをビデオに残します おしゃれママに人気のかわいい子供服ブランド・キッズインテリア雑貨・おもちゃのセレクトショップlacunadelaflor 北海道 仙鳳趾の絶品殻付カキ
広告
LinkShare アフィリエイト 有名ブログランキング
最新CM
(11/18)
(11/12)
(11/15)
(11/14)
(11/13)
プロフィール
HN:
旅の詩人(ただし無口)
性別:
男性
趣味:
読書、旅、温泉など
QRコード
ブログ内検索
忍者アド
あし@
忍者アド
カウンター