Google
個人的読書記録 忍者ブログ
今まで読んできた本の紹介
[132] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [116] [115]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


icon
icon

各国が領有権を主張している南洋の島・海鳥諸島。その中のひとつ、鳥迷島に、右翼青年のグループが上陸。しかし、上陸早々、仲間のひとりが断崖から突き落とされ…。魔術的な筆致で紡がれる傑作本格推理長編。



"アイデンティティの揺らぎ"
がテーマとのことですが、正直この手のテーマは苦手。
なんだか不安定な一人称の描写が進み、最後になっても今一納得できない解決がついたり。
どちらかというと、きわめて普通の物語が進むんだけど、最後になってとあることが明かされると、それまで見えていた風景がガラリと変わってしまうようなもの。
そう、十角館や黒猫館みたいな。
まあ好みの問題ですが。
苦手なテーマでもあり、序盤はやたらと読むのに時間かかりましたが、山田さんの文体というか物語の雰囲気は大好きなので、乗り切れないながらも面白く読めました。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


トラックバック
この記事にトラックバックする:
山田正紀 「翼とざして アリスの国の不思議」
各国が領有権を主張している南洋の島、海鳥諸島。その中のひとつ、鳥迷島に、右翼青年のグループ『日本青年魁別動隊』が上陸した。しかし、上陸早々、仲間のひとりが断崖から突き落とされた!わたしは、わたしが突き落とすのを見ていた…。グループの人間が次々と惨劇遭う...
WEBLINK[URL] 【2006/09/02 00:24】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2018/10 11
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
広告
プロの技術で8mmフィルムをビデオに残します おしゃれママに人気のかわいい子供服ブランド・キッズインテリア雑貨・おもちゃのセレクトショップlacunadelaflor 北海道 仙鳳趾の絶品殻付カキ
広告
LinkShare アフィリエイト 有名ブログランキング
最新CM
(11/18)
(11/12)
(11/15)
(11/14)
(11/13)
プロフィール
HN:
旅の詩人(ただし無口)
性別:
男性
趣味:
読書、旅、温泉など
QRコード
ブログ内検索
忍者アド
あし@
忍者アド
カウンター