Google
個人的読書記録 忍者ブログ
今まで読んできた本の紹介
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


icon
icon

上巻よりわからん度は増したけど面白かったです。
PR

icon
icon

歴史には詳しくないので、チンプンカンプンな記述ばかりですが、不思議と面白い。

icon
icon

この探偵はあまり好きではないのですが、最後まで面白く読めました。
しかしタンクトップにヒゲ…
あんまり探偵の外見は気にしないけど、これはないよなあ…

icon
icon

修道会によって建てられた絶海の孤島の更生施設。そこでは盗みや恐喝を重ねた31人の少女たちが聖女のもとで暮らしていた。しかし、ホームは炎に包まれ、悲劇に襲われ…。講談社ノベルス25周年記念復刊。




不良少女の更生施設ってとこに興味を惹かれましたが、いまいち面白くなかった。
まあ俺幻想ミステリって嫌いなんでね。

icon
icon

やっとタイス脱出。

ガンダルは前巻できっちり死んでてくれてた方がやはり良かった。

ラスト間際のまさかのあの人の登場は個人的には嬉しかったですね。
リギアとスカールのまさかの登場時は、『ご都合主義すぎるだろ!』と、ちょっと興ざめしたものですが、彼ならこんな登場もありかなと。
久しぶりに次の巻が楽しみです。

icon
icon

けっこうメルヘンちっくな作品なのかとなんとなく思ってましたが、バイオレンスな描写やバイオレンスなキャラクターが出てきてびっくりした。
俺ってば暴力に対してほんと弱いので、それにはちょっと閉口したかな。

城山とかほんと最悪。

面白かったので、この人の本を他にも読みたいと思ったんだけど、他の作品にもこの手のバイオレンスが出てくるそうなので、ちょっと手を出すの考えてます。

icon
icon

進化し続ける天才の最新作。ボスニアで、心臓以外の臓器を、すべて入れ替えられる、凄惨な切り裂き事件が起きた。そこに隠された、驚天動地の秘密計画を御手洗潔が暴く。民族紛争を題材にした中編同時収録。




いやあ、面白かったですね。
御手洗ものは、単純に不可思議な謎が解明される本格としての面白さもありながら、毎回知らなかった歴史や未知の世界のことなどが色々出てきて、とても勉強になります。
てか一時的に賢くなった気がするw

オンラインゲーム上での仮想通貨やアイテムを売ることができて、リアルマニーにすることができる…ふむふむ。さっそくFFXIを買ってきた俺w
FFXIは前からほしくて、そのためにPS2もネット接続できるものを買ったんだけど、ネット回線をPCに加えてどう増やすかわからないし、新たにPS2用のキーボードなどを買うのも面倒なので、PC用のソフトを買ってきましたw

今回残念だったのは、せっかく興味深いリベルタスの寓話のブリキ人形の部分が作者の創作だったこと。

icon


長崎県の孤島波手島で、女たちが焼かれて死んだ。宗教的理由による集団自殺か。事件性を疑う私立探偵に乞われ、桜井京介は現地へ向かう。その頃、蒼はカルト教団に入信した友人を救出しようとするが…。



今回はわりと面白かったです。
過去のキャラが再登場とのことですが、まったく覚えていませんw

十角館以降、新本格のシリーズものは、かなり読んでいるので、それぞれ主要キャラはなんとか覚えてるものの、サブキャラとかまではやはり覚えきれませんよね。
しかも某QEDシリーズなんかこのシリーズとなんとなくキャラ構成かぶるしね。
しかしなにはともあれ、このシリーズもあと3冊で完結するとかで、それは非常に楽しみですね。
作者が言うように、他にキャラたちが年齢を重ねていくシリーズがないとは思いませんが、どれも年月は経っても人物の関係なんかがあまり変わらないものが多いなか、きちんと物語が進んでっているらしいのは好印象です。
まあ、好きなシリーズなら、いつまでも同じ設定でいつまでも読んでいたいって気持ちもありますが、幸いこのシリーズはそこまで好きなわけではないのでw

icon
icon

高塔市、赤毛の人々が数多く住むその奇妙な街で事件は起こった。美しい赤毛の持ち主ばかりを次々と殺害し、忽然と「消失」する黒ずくめの男。この完全犯罪に名探偵新寺仁が挑む。講談社ノベルス復刊シリーズ第3弾。



新本格にはまりはじめた数年前、確か原書房だかから出てた新本格読本みたいなのでその存在を知り、読みたくてたまらなかった作品。

ほんと読みたさのあまり期待ばかり膨らんでしまったせいか、それともこの数年で新本格を読みすぎて感覚が麻痺してしまったためか、メインの大トリックがわかった時も感動はいまいち。

まあ、面白かったですけどね。

数年前に読むことができていれば、驚き具合も違ったかもね。

icon
icon

1912年夏、ハノイの緑の庭に鳴り響いた銃声。その日から少年は最愛の人を奪われ、無垢の楽園を失った。やがて戦乱に翻弄されていく国と人。悲劇の真相は90年の時を経て、古都京都で解き明かされる。



もはや惰性で読んでるシリーズものの一冊。

男連中の連帯感みたいなのが、なんだか気持ち悪い。

まあ、惰性とかいいながら、けっこう楽しみにしてるんですけどね。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2019/08 09
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
広告
プロの技術で8mmフィルムをビデオに残します おしゃれママに人気のかわいい子供服ブランド・キッズインテリア雑貨・おもちゃのセレクトショップlacunadelaflor 北海道 仙鳳趾の絶品殻付カキ
広告
LinkShare アフィリエイト 有名ブログランキング
最新CM
(11/18)
(11/12)
(11/15)
(11/14)
(11/13)
プロフィール
HN:
旅の詩人(ただし無口)
性別:
男性
趣味:
読書、旅、温泉など
QRコード
ブログ内検索
忍者アド
あし@
忍者アド
カウンター